ボディケア

IPSコスメティックスをよく使われている人たちの体験談背中は乾燥しやすく、ニキビなどが出来やすい部位の
1つです。

その理由は背中は死角でボディソープなどの泡の残りが
残留しやすいからです。ボディケアの順番も大事

流しそびれた泡をそのままにしてしまうと、
毛穴に詰まり角栓となってしまいます。

それが老廃物となってニキビや肌荒れを引き起こします。

これらを改善させるためには患部を保湿する必要があります。
保湿することによって肌の水分バランスを調整し、老廃物が排出されます。

その方法の1つとして保湿力の高いコスメティックスの使用をおすすめします。
そのコスメティックス(保湿に使うならIPSコスメティックスの基礎化粧品)で
おすすめなのがホホバオイルを使ったものです。
効果を得やすい

ホホバオイルは保湿力が高く、抗酸化作用が高いので、
アンチエイジングや美肌作りにも効果の高いオイルです。

酸化しにくいオイルなので持ち歩きにも使えます。
そのため多くのオーガニックコスメティックスなどの
主成分として使用されています。

背中や腕などのボディケアや顔にも使え、赤ちゃんの乾燥を守る
ボディケアやベビーマッサージにも使用できます。

ホホバの産地はイスラエル!ホホバからとれる「砂漠の金の液体」の効能

ホホバオイルはアロマテラピーの上で欠かすことのできないものです。
別名、砂漠の黄金油とも呼ばれるホホバを求め、イスラエルで求めることができます。

イスラエルでは砂漠と共に生きる発想を持っていて、太陽熱や土壌、ITを駆使した結果、
大規模農場や有機農法が開発されております。

ホホバの栽培も祖下努力の賜物の一つと言っていいでしょう。
おかげで砂漠の緑化に大きく寄与しているのです。

オオバの収穫は9月中旬から10月末の雨期が始まるまでです。
それまでにすべてを収穫します。

作業は大型機械による大規模農法でもって行われます。
ホホバには動物が嫌っている成分が含まれていて、そのせいか
動物や害虫による被害を受けることはありません。

オオバは、アリゾナ州からカリフォルニア州、メキシコに広がる砂漠周辺に
生えている潅木で、北米先住民はその種子の油のことを金の液体と呼んで
大切にしてきたのです。

オイル

オオバの葉にも、わずかばかりとはいえワックス成分が含まれていますので
水分の蒸散を防ぎます。

そして、細菌や害虫、汚染物質からみずからを守っているのです。

オオバの種子には50%以上にも及ぶワックス成分とビタミンEを
潤沢に含んでいて、これが保存性に秀でいている原因となっています。

ですから肌にさらりと伸びてたちどころに皮膚に浸透し、
ヘルシーで絹のような光沢が残ることとなります。

 

IPSコスメティックスのエッセンスにも含まれる

そのため、幅広い使用方法が出来てお勧めなのがIPSコスメティックスです。
IPSコスメティックスのエッセンスは基本顔に付けるためのものですが、
背中の肌荒れや乾燥が気になる場合は、同様にスキンケアとして使う事ができます。
美しくなるために大切なこと

お風呂上がりにIPSコスメティックスのエッセンスを顔に馴染ませたあと、
併せて背中にもつけていくことで、にきびの増加を防いでくれるでしょう。

 

体の不調は「毒素」が原因かも

最近何か調子が悪いと不調を感じていませんか。
もしかしたらそれは毒素が原因なのかもしれません。

現代の日本は大気汚染などの環境汚染が進んでいるので、知らず知らずのうちに
毒素を体内に取り込んでいる可能性があります。

また車の排気ガスやダイオキシンによる大気汚染の他にも、水道水に微量に
含まれている水銀や鉛なども影響しているかもしれません。

さらに深刻になっているのが、食品添加物の多量接種です。
実は日本人は一人当たり年間4kgもの食品添加物を食べていると言われています。

体の不調

このように日常的に毒素を取り入れてしまう機会が多く、その摂取量が
許容範囲を超えてしまうと体にも影響を及ぼしてしまうのです。

具体的に毒素を溜めてしまうとどのようなことが起きてしまうかというと、
まず腸内細菌のバランスが崩れて身体に不要なものが溜まってしまいます。

その後酸化した毒素が体内をめぐるようになり、アレルギーなどのさまざまな
トラブルが起きてしまうという結果になります。

このようなことを起こらないようにするためには、できるだけ体によくない
ものを摂取しないことと、入ってしまったものを溜めておかないことです。

溜めたままにしてしまうと、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったり、
むくみやすくなったりしてしまいます。

美容の面では、くすみやシワ、シミや吹き出物が多くなります。
また心の面にも影響を及ぼすことがあります。

どのような症状が現れてしまうかというと、気分が沈みやすくなったり
イライラしてしまったりしてしまいます。

このようなことが起こってしまう前に、入ってしまったものはすぐに
出すことが大切です。

体から毒素を出す割合は、実は便が一番多く全体の75%にも及びます。

他にも尿や汗、爪や毛髪などから出すことができますが、やはり最も
効果的なのが便から出すことです。

したがって良い腸内環境を作ることが重要であるといえます。
善玉菌が少なくて悪玉菌が多い腸内環境だと、新しい毒素が発生して
しまう恐れがあるからです。

便が腸内にとどまっていると、悪玉菌が増えてしまうので、お通じを
良くすることが重要です。

腸内環境を良くするためには、食物繊維が豊富な野菜や果物、豆やいも類
などを積極的に摂るようにしましょう。

雑穀や海藻なども有効的です。これらはまとめて摂取するのではなく、
毎日摂取していくことが大切です。

それによって腸内環境も安定し、定期的に毒素を出せるようになります。

 

老廃物はきちんと排出して健康になりましょう

老廃物をきちんと排出することも健康的な生活になくてはならないものです。
その老廃物を排出するのに有効的なものとして挙げられるのがデトックスです。

デトックスと聞くとダイエットをイメージする方が多い傾向ですが、
本来は体内に溜まっている毒素を出して、心身共に健康な状態に
することを目的としてます。

体内に悪い物質が溜まったままだと、腸内環境が乱れてしまったり、
代謝が落ちてしまったりするなど体のトラブルが発生していしまいます。

これらのことが起こると、便秘や肌荒れ、むくみや冷え性など女性が
悩みがちな問題が起きてしまう恐れがあるので注意が必要です。

デトックスには解毒という意味があります。
この解毒という作用によって、医師にも原因がわからないような
不定愁訴を改善させることもできます。

デトックスを行うのであれば、食べ物にも気を付けなければなりません。

デトックス

どのような食べ物がデトックスの効果が高いかというと、リンゴやキウイ、
アボカドや人参などです。

リンゴは抗酸化作用が強いので、紫外線などによって発生するシミや
そばかすを防ぐ効果があります。

リンゴは皮の部分に栄養が多く含まれているので、皮付きのまま摂取
するのがいいでしょう。

キウイはカリウムをたくさん含んでいるので、むくみの解消に効果的です。
またビタミンCを多く含むので美肌効果があり、抵抗力を高めることができます。

アボカドは解毒作用の働きを担っている肝臓を休ませる効果と解毒作用を
高めてくれる効果があります。

人参には肌や粘膜の新陳代謝を高めるビタミンAが多く含まれているので、
肌の老化を防ぐことができます。

他にも発酵食品の代表である納豆もデトックス食品としておすすめです。

本格的に行いたいのであれば、日々の生活の中にデトックススープを
取り入れることをおすすめします。

デトックススープとは、野菜がたくさん入っているスープのことで、
飲むことによって代謝を上げ痩せやすい体質に変えることができます。

作り方は簡単で、野菜を水で煮込んでから最後に鶏ガラや出汁、塩などを
入れるだけです。

ポイントはあまり塩味を濃くしないことです。
出汁をしっかり活用することがポイントになります。

このデトックススープを食べる時は、スープの中に栄養がたくさん
はいっているので、しっかり飲み干すことが大切です。

デトックススープにおすすめな野菜は、キャベツや玉ねぎ、セロリやトマト、
ブロッコリーなどです。

これらのデトックススープを飲みながら、体内に入っている毒素を
出すようにしましょう。