健やかに、美しく

IPSは電子が発生する化粧品

ipsコスメティックスをよく使われている人たちの体験談近年、化粧品の多くが細胞レベルまで到着することを目指し、
美容成分の原子構造をより小さくしたナノ化に取り組んで作られています。

そこへ新たに登場したのがエネルギー系化粧品と呼ばれるもので、
ナノ化した化粧品よりもさらに進化したと言われているのが特徴です。

肌の有効成分を届きやすくする「ナノ化」とは

肌の有効成分をナノ化して配合した化粧品はたくさんあります。
ナノ化というのは成分を小さくしてナノサイズにするということですが、
ナノ化した成分を配合した化粧品を、ナノテク化粧品やナノ化粧品と呼んでいます。

これはナノテクノロジーを用いた化粧品ということです。
ナノテクノロジーという言葉は、1974年に初めて使われるようになった言葉です。

技術的な発展は1980年代に入ってからですが、さまざまな分野に
応用できるということが分かり、急速に発展することになりました。

この技術はとても身近なものですし、さまざまなところで活用されています。

特に身近に感じられるものは化粧品でしょう。
ビタミンなどの成分は肌に良い影響を与えますが、そのまま化粧品に配合しても
肌の奥まできちんと浸透しません。

ナノ化することで浸透しやすくなりますし、体内に取り込みやすくなるということです。

肌にはもともとバリア機能というものがあるため、外部からの成分は浸透しにくくなっています。
これは有害物質を体内に取り入れないようにするために欠かせない機能です。

しかし、肌にとって有効な成分を取り込む時には邪魔になってしまいます。

そこで、肌に取り込みたい有効成分をナノ化することにより、肌にバリアされることなく
浸透させることができるのです。

ビタミンCやビタミンE、ヒアルロン酸、コラーゲンといった成分がナノ化されることになります。

エネルギー系化粧品とは

エネルギー系化粧品の最大の特徴は、細胞レベルをはるかに超えた
ミクロな素粒子レベルにまで到達していることです。

そのため、エネルギー系化粧品にはマイナス電子が使われています。

一般的によく知られていておなじみなのは、マイナスイオンでしょう。
滝の水が流れ落ちて岩に当たると、このマイナス電子が大量に発生します。

化粧品への取り組みそのため、電子を含むIPSコスメティックスを使ってその効果を実感するには
滝の水が流れ落ちて岩に当たるという現象を肌の上で再現する必要があります。

どういうことかというと、流れ落ちて当たるという現象により電子が発生しますので、
これを化粧品としてお肌に塗った時点で同じ状況にするには、パタパタとパッティングするように
つける必要があるということです。

肌に刺激を与えないよう、優しく抑え込むようにつける化粧品も多くありますが、
IPSコスメティックスの場合はパッティングして使うように作られています。

とはいえ、あまり強くパタパタやる必要はありません。
力が強すぎるとやはりお肌にダメージを与えますので、あくまでも軽くで十分です。

IPSコスメティックスのスキンケアラインアップは非常にシンプルになっていることから、
パッティングが必要ないコスメも存在します。パッティングの仕方

朝と夜で使用する保湿コスメが違うことが一番の理由ですので、それぞれの使い方を
しっかりと理解し、正しい使用をすることがポイントといえます。

IPSコスメティックスのスキンケアは、究極まで突き詰めたシンプルケアでありながら、
ハリや透明感を与えるエイジングケアができるところが最大の特徴です。

実際に使ってみたら、これぞエネルギー系化粧品の真骨頂と実感できるかもしれません。