健やかに、美しく

「自分に合ったコスメティックス」

ipsコスメティックスをよく使われている人たちの体験談女性は出かけるときには必ずといってもいいほどメイクをします。
ですが、会社に行くときや知人に会う予定がある時などは、化粧下地から
ファンデーションまできちんとしたメイクをする人も、近くのコンビニや
スーパーに行くだけであれば、BBクリームなどのさっと塗れる
簡単な化粧下地いらずのファンデーションを利用する人も多いでしょう。

BBクリームなどは比較的リーズナブルでUV対策もでき、
コンビニなどでも購入できるので大変便利です。
万全な紫外線対策

最近では有名ブランドのコスメティックスでも販売されるようになったので
ちょっとしたお出かけ用に使えていいでしょう。

BBクリームのはじまりはドイツ!日本と韓国での発展の流れ

韓国コスメで火がついたBBクリームは、一過性のブームには終わらず
定番アイテムとしてすっかり定着しております。

しかし、そもそもはBBクリームはドイツで誕生したものなのです。
1968年に皮膚科医のChristine Schrammekが、世界で初となるBBクリームを開発したのです。

BBクリームは、Blemish(傷)とBalm(軟膏)の頭文字から由来しています。
blemish baseと呼ばれることもあります。

日本での理解では、BBクリームは多機能ファンデーションのように
受け止められている傾向がありますが、本来は、ピーリングなどの
皮膚科の施術を行った後、皮膚の炎症を抑制したり、皮膚を保護するために
処方された軟膏でありました。

このBBクリームが1985年に韓国に紹介され、その優れた機能に魅了された
美容整形大国の韓国女性たちが飛びつき、そして韓国から日本に伝わって
普及してきたという経緯があります。

日本と韓国は切っても切れない関係にありました。
BBクリームはミネラルに富んでいますので、あばたやしみ、そばかすを隠ぺいして
保護する目的でよく使われております。

しわができるのを防いで、さらに炎症を抑制し沈静化させる機能を果たしているのです。
ヒアルロン酸やビタミンCを含んでいるクリームもあります。

用途に合わせて使い分けたいコスメティックス

コスメティックスも、普段使いするものと、気合を入れてメイクしたい時の
コスメティックスと分けて利用するようにするといいでしょう。IPSコスメティックスが作るUVクリーム

値段が高いコスメティックスのものを普段使いするにはもったいないですから、
節約しながらメイクを楽しむためにも、用途にあわせて分けておくといいと思います。

特に紫外線はお肌にとって大敵ですので、影響を受けないようにしたいものです。
紫外線を強力に防いでくれる日焼け止めとしては、IPSコスメティックスの
UVクリームがオススメです。

IPSコスメティックスのUVクリームには、IPSコスメティックス独自の整肌成分である
テトラナノプラチナという原料が使われており、美肌を維持するための成分を補いながら
紫外線からも強力に肌を守ってくれるのです。