健やかに、美しく

「ボディケアなどの効果的な順番」

ipsコスメティックスをよく使われている人たちの体験談

コスメティックスのケアの用品はたくさんあります。
ボディーソープや石鹸・アウトバス用のボディークリームなども
コスメティックスになります。

お風呂の中のケアは、洗う順番が大切です。
まずシャンプーを先にしてあとで体を洗います。

逆になるとシャンプーやコンディショナーなどが体についたままになり、
肌荒れやニキビの原因になるからです。

お風呂から出たら、まずコスメティックスの化粧水や乳液をつけて保湿します。
保湿は洗顔後早ければ早いほどお肌に浸透します。
そのため、IPSコスメティックスのエッセンスを使用するのが
手早くケアできてお勧めです。

シンプルに続ける

そのあとにボディケアのクリームを首や足や腕などの体に塗って保湿します。
髪を乾かすのは一番最後で良いです。
髪はアウトバスの洗い流さないトリートメントでケアをします。
あるいは、IPSコスメティックスの美容液を使っているのであれば
IPSコスメティックスにはヘアケア製品もありますので、併せて使うことで
バランスが整いやすくなり、美容効果も高まるかもしれません。

洗髪はいつから定着したのか?シャンプーやトリートメントの普及の歴史

今でこそ毎日の洗髪は珍しいことではありませんが、江戸時代までは
日本に洗髪という習慣は無く、江戸末期にようやく水で洗うようになったのが
始まりで、洗髪の頻度は女性でも月に1回程度でした。

シャンプーが初めて発売されたのは1931年のことで、レート本舗が
粉末タイプの「何でも洗えるシャンプー」を発売、翌1932年には花王が
石鹸をベースとした固形タイプのシャンプーを発売しています。

その後も暫くは毎日の洗髪が常態化することはありませんでしたが、
1960年代に瞬間湯沸かし器が発売されると同時に液体シャンプーが誕生したため、
ようやく各家庭でも日常的に洗髪が行われるようになりました。

同時期に花王から日本初のリンスが発売され、シャンプー自体も洗うだけではなく
フケやかゆみを抑えたり髪にツヤを出したりと、各メーカーはさまざまな付加価値をつけることで
差別化を図るようになります。

1970年代には各社ともテレビCMで人気アイドルを起用したことが爆発的な普及に繋がり、
シャンプーの普及率は100%近くまで達しました。

1980年代に入ると登校前に洗髪する「朝シャン」が流行したほか、
1990年代には時短を目的にリンスインシャンプーも発売されています。

2000年代以降は手軽にケアできる「アウトバストリートメント」が流行するなど、
ヘアケア商品は現在進行形で進化中です。

髪を守る

効率良く全身ケアする


また、お風呂上がりは毛穴が開いているので、なるべく早く保湿してあげることが重要になります。
ケアの順番はスキンケア・ボディケア・ヘアケアになります。
コスメティックスを使う順番や正しい使用方法をすると効能が高まります。

IPSコスメティックスの製品を使いながら少しでも疑問に思う部分があるのであれば
販売員に早めに相談するようにしましょう。