ipsコスメティックスで美の要因を追求!美容ノートで知的さを身につけよう

IPSコスメティックスをよく使われている人たちの体験談スキンケアラインアップによるお手入れ方法

ipsコスメティックスの公式サイトには、日々のスキンケアに役立つ様々な情報を自由に収集してそれを役立てることが可能な美容ノートや知識のまとめが用意してあります。

朝のベーシックケアにはipsコスメティックスの
コンディショニングバーとエッセンスジェルの2つを利用することで、
日中の生じやすい様々な環境ダメージからお肌を守って貰い、皮膚の
内側から輝くような若々しくみずみずしい肌をキープしてくれます。

一方、夜のベーシックケアではipsコスメティックスのコンディショニングバー
およびエッセンスの2つを使います。IPSコンディショニングバーはseibunkininarundesu.infoにも詳しく書いてあります。

シンプルなスキンケア

これらは日中受けた環境ダメージをリセットして、朝目覚めたときには肌のハリ
および弾力を実現する効果を期待できるようになります。

コンディショニングバーは洗顔で使うケアアイテム、手のひらに必要量を取り出し
たらホイップ状態になるまでたっぷり泡立てるのがコツ。

その泡を手のひらで転がすようにやさしく洗顔します。
洗顔するときにはぬるま湯を使うのもおすすめですが、この時こすらないように
泡をよく洗い流すことが大切です。

お出かけなどでメイクをされていた場合には、2度同じように洗顔するとメイクを
しっかり落とすことができます。

朝のベーシックケアでは前の日の夜にメイク落としも完ぺきになっているなどからも
洗顔は1度だけでOKです。

エッセンスジェルを3プッシュして手に取り、顔全体を下から上にパッティングします。

このときやさしくパッティングすることを心がけましょう。
美容ノートには必ず優しくといったことが明記されていることが多く
汚れを根こそぎ取り除きたい、メイク残りがない肌にしたいなどの
理由でゴシゴシ洗うことは禁物です。

これは知識のまとめの中にもあるので、もしゴシゴシ洗っていたことが
ある人はやさしくパッティングする、洗顔することを常に頭の片隅に
入れてスキンケアをされると良いでしょう。

エッセンスジェルを使い肌に馴染ませた後は、もう一度3プッシュして顔から首、
デコルテまでをやさしくパッティングして馴染ませて行きます。

最後に顔全体を手のひらで押し当てながら有効成分を肌に浸透させる、
これだけで朝のスキンケアは完了です。

なお、季節の変化や冷暖房の影響、後は肌状態などにより潤いが不足して
いるなどと感じることもありますが、この場合は使用する量をいつもよりも
多めにすることで潤いある肌にできます。

 

ipsコスメティックスは紫外線から未来の肌を守る

ipsコスメティックスのケアアイテムは紫外線から肌を守る作用を持つもの、
美の要因を追及して研究開発により作り出したスキンケアアイテムです。

そのため、ipsコスメティックスのスキンケアアイテムには知的さも身に
つけることができる、美の要因とは何を意味するものか知ることもできます。

太陽は日中地球に大量の紫外線や赤外線を放射していますが、これらの光は
目にすることができないものであり、知らない間に肌へのダメージを与えて
いるわけです。

紫外線から守る

ただ、紫外線にはUVA・UVB・UVCの3種類があり、その中でもUVCは波長が
非常に短いため大気層で吸収されるなどからも地表面に届くことはないといいます。

一方、UVBの大半は大気層で吸収される一部は地表面に到達するとされるのですが、
オゾン層の破壊により地表面に到達する量は従来と比べると多くなっているのが特徴です。

UVAは3つの中でも波長が最も長い性質を持つ紫外線で、この光は物質を透過
しやすく地表面に届く紫外線の約95%を占めます。

これらのことからも、肌にダメージを与えるものはUVAおよびUVBの2種類、
これらを徹底気に防ぐことが肌を紫外線から守るコツに繋がって来るわけです。

紫外線はメラニン色素の生成を促す、シミおよびソバカスの原因になるものですが、
UVBは日焼けや色素沈着反応を引き起こす要因になるもの、肌の表皮細胞やDNA
などを傷つける恐ろしい光線です。

UVAは肌の真皮部分まで到達するため、コラーゲンやエラスチンの破壊が生じて
シワやたるみなどの原因を作り出す、さらに皮膚がんの原因になることも少なく
ありません。

ちなみに、加齢による自然な老化は約2割、残りの約8割は紫外線により老化が
生じるとされており、いかにスキンケアが大切であるのかわかるのではないでしょうか。

UVケアと聞くと夏場だけなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、
紫外線は季節に関係なく地上に降り注いでいる光です。

また、晴れ以外はUVケアをおろそかにしがちではあるけれども、例え曇りや
雨のときでも紫外線は降り注いでいる、特にUVAの光は雲などの影響を受け
にくいので窓ガラスから室内に入り込むなど、窓ガラスにもUV対策が欠かせない
といわれています。

紫外線から肌を守るための日焼け止めは紫外線防止効果を示すSPFやPAと
呼ぶ数値が記載してありますので、選ぶときの指標にされると良いでしょう。